ウーマン

そばかすは徹底的に治療しよう|遺伝的な要素が強い

きれいな肌になりたい

照射治療

自己流は良くない

雀卵斑と呼ばれるそばかすとは、メラニン色素によって引き起こされる症状です。肌にそばかすがあると人前で何となく気になってしまったり、様々な場面で積極的になれないという方もいます。メラニンは肌の細胞を紫外線などから守る働きがある一方で、作られすぎるとそばかすの原因になったりもします。通常であれば、皮膚が生まれ変わる代謝のサイクルである、肌のターンオーバーによって剥がれ落ちていくのですが、老化や不規則な生活などが原因となりこのサイクルが遅れると肌の中に蓄積されてしまいます。また、そばかすに関しては遺伝的な要素が大きく、顔の真ん中や手の甲、腕、肩や背中にできることが多いです。大きさに関しては、直径数ミリ程度の小さなものがほとんどを占めます。このそばかすは一度できてしまうと自分では容易に改善することが難しいという特徴があります。なんとか肌をきれいにしようとして自己判断で市販の美白化粧品を使用することもあるでしょう。しかし、美白化粧品は継続的な使用が必要になります。効率よく美肌を手に入れたいのであれば、病院へ行って相談する方が良いと言えます。皮膚科でもそばかすの相談に乗ってくれるところはありますが、やはり美容皮膚科の診察も行なっている美容整形クリニックへ受診することが一番の近道です。

肌をきれいにする方法

そばかすの治療法には、フォトフェイシャルやオーロラと言われるフォトRF、EライトやEーMAXなどの光レーザーが有効だとされます。基本的には沈着してしまったメラニンに対してダメージを与え、肌のターンオーバーを促進させるものが多いです。ただし、そばかすである場合、皮膚に化学薬品を塗り皮膚を剥がすことによって症状を改善させるケミカルピーリングは有効ではないとされます。同時に、肝斑などがある場合も注意が必要です。大切なことは、できてしまったシミがそばかすであるのか、肝斑であるのかなど、どのような種類であるのかということをしっかりと診断してもらうことです。その上で、どのような整形的治療が一番適しているのかということを医師とよく相談することが重要です。内服薬や外用薬についても同様で、症状に適していないものを服用したり使用したりすると、かえって症状がひどくなったり効果が感じられないなどのトラブルにつながります。なので、どこの病院で整形を受けるのか、担当してくれる医師としっかりと相談しましょう。そして、自分自身で良く考えて納得するまで検討していくことが大切だと言えます。そばかすの治療を得意としている美容クリニックは沢山あります。まずは、情報を集めて美容整形クリニックを比較してみても良いでしょう。